マンションを貸す時は不動産会社を比較する



■早い内にマンション購入で
■今あるマンションを貸すにあたって

今あるマンションを貸すにあたって

そこで、悩みに悩みましたが私が実家に帰って一緒に住むことにしました。会社へは何とか通える距離だったし、独身だったので身軽に動けます。買ってしまった家はどうするか悩みましたが、何年かは戻れないだろうし、思い切って貸すことにしました。住んでいないのに放っておくのもローンの無駄ですし、いずれはマンション に戻りたいと考えていたからです。売ってしまったら戻れませんから、貸すのがベストだと考えました。



不動産屋やネットサイトで見積もり比較

貸すにあたってまずやったことは、マンションの見積もりを出すことでした。友人などに尋ねてみると、一つの不動産屋にだけ相談してしまうと、その不動産屋の言い値で家賃が決まってしまうことがあるというのです。こちらは物件に関しては素人ですから、家賃はこれくらいが妥当です、とプロに言われればそのまま信じてしまいますよね。しかし、実際は家賃の査定というのは不動産屋によってまちまちで、場合によっては数万円も差が付くことがあるのです。そこで、私は地元のめぼしい不動産屋をいくつかピックアップし、それぞれ見積もりを依頼して家賃の比較をしました。私の場合は6千円程度の差しかありませんでしたが、毎月の収入で6千円は大きな違いです。しかも、数社から見積もりを取っているという話をすると、需要の高い物件ならさらに家賃を高く設定してくれることもあります。私の場合も、マンションが利便性の高い場所にあったので、考えていたよりもかなり高い家賃で貸すことが出来ました。もちろん、周辺の環境や地域の相場などもそれぞれ違うので、いつも自分の希望する家賃を設定できるわけではありません。そのため、やはり貸す際はいくつか不動産屋を比較することをおすすめします。私は地元の不動産屋に電話してしまいましたが、インターネットではまとめて数社に一括見積依頼ができサイトもあります。これだといろいろな情報を一度入力するだけでよく、更に近所だけでなく大手の不動産会社も査定に参加してくれるので、より便利です。私は不動産屋ごとに毎回説明しなければならなかったので、非常に面倒でした。このようなサイトがあると先に知っておけば、もっと手軽に高い家賃を査定してくれるところが見つかっただろうと、少し悔しい気もしています。 マンションを貸すことを検討しているなら、このようにまずは比較してみた方が良いでしょう。